アンセリンとは、またその成分について

アンセリンの成分としてB-アラニンとメチルヒスチジンの2つのアミノ酸が含まれています。

イミダゾールペプチドの一種で特にまぐろ・かつおなどの回遊魚に多く含まれています、回遊魚が泳ぎ続ける事が出来るのはこのアンセリン効果によるものと考えられています。

まぐろ・かつおなどの海の生物と鳥類などの陸の生物は筋肉に多く含まれています、これらの成分は旨み成分としても注目を集めています。

このアンセリンは疲労回復・蓄積を防止する効果もあり、疲労回復と言われている乳酸の分解もすばやく行います。

また人間の体内の老廃物と言われている尿酸量の抑制や体外排出の促進も行います。

歴史としては1929年に動物の筋肉組織から見つかった成分でエネルギー消費が活発な組織に含まれています。

イミダゾールペプチドの中でもカルノシンという成分が多いのが人間・豚・牛・馬などです、ウサギ・羊はアンセリン含量が多くなりカルノシンとほぼ同じ位ですまた鳥類はと言うとカルノシン比率が2~3倍となり、回遊魚などの魚類の含有量はほぼ大半を締めています。

食事などからとったアミノ酸は体の中でタンパク質となり、肌・筋肉・臓器などを作成する源となります。

アンセリンは正にアミノ酸の集まりであり、ペプチドと言われています、また疲労回復に非常に役立っている成分です。

まぐろなどの回遊魚が泳ぎ続けられるのはアンセリンが筋肉の中に多く含まれているからです。

常時、泳いでいてもエネルギーを発生して疲労の原因とも言われる乳酸も抑えます、その為、疲れを感じさせないのです。

我々がスポーツをする時は普段より酸素が必要となります、激しい運動をすると特に不足しますがアンセリンを継続的に取る事で、日常生活での疲労感を感じさせないのです。

よく痛風という言葉を耳にすると思いますが、これは体内に尿酸が溜まりすぎて起こる病気です、尿酸はビールなどに含まれるプリン体という核酸からなる成分です、今後、尿酸もコントロールが出来ると期待されています。

痛風は腎不全他あらゆる病気にも関係してきます。

2007年にこれらの調査を行ったのがこちらとなります。

アンセリンによる効果を見る